« さくら国際労務管理事務所便り【1月号】 | トップページ

開業10年

お久しぶりです。
神奈川県大和市のさくら国際労務管理事務所の社会保険労務士福田敦子です。


…あまりにも、久しぶりで、ログインに何度か失敗しました…。


早いもので、今月で、開業10年となりました。


開業時は、ギリ20代だったので、いい意味で貫録がついたような、つかないような(笑)
思い返せば、まだ、1年目の頃、先輩に、「10年なんてあっという間だよ。」と言われましたが、本当、その通りで、瞬く間に時間がたちました。


最近、日々の業務でずっとバタバタしていて、「働き方改革」を自分も色々していかないといけないと感じているところです。(業務の効率化等)


でも、この10年で本当に、さまざまなことが変わりました。


たとえば、最近、電子申請の波がこの業界ではすごいのですが、10年前の開業当時にも電子申請は、すでにあったんですが、その頃は、ひどく使い勝手も悪く、社労士でも使って
いたのは少数でした。


今やそれも、当たり前になりつつあり、ITが使えない社労士は淘汰されていく時代になりつつあります…。


マイナンバーなんてものもなく、協会けんぽも、まだ、できたばかりで、年金事務所にしても「社会保険事務所」なんて名前でした。ちょうど、年金問題が、大々的に騒がれていたとき
です。


外国人関係も色々ニュースで、2019年4月改正案が話題になってますが、社労士にもなる前は、中国人研修生関係の仕事を人事でしていたこともあったので、今回の改正案にいろいろ思うところもありますが、これが時代の流れなんでしょうか。


でも、果たして、外国人にとって、日本は、魅力的な国なんだろうか?


それを考えてしまいます。
(なぜなら、日本人にとっても、魅力的とは言えなくなっている気がしないでもないのです。)


色々思うところは、ありますが、11年目以降も、初心を忘れず、人と人をつなぐ企業の架け橋になることを主眼に頑張りたいと思います。


今は、いろんなことが過渡期で、行政も人数削減が今後どんどん進んでいくんだろうと思うし、電子申請も社労士のみならず、中小企業でも、当たり前の時代になり、HRテック導入もどんどん進んでいくようには思いますが、


そこに人がいることには、変わりないし、それを忘れる経営は、長くはもたないと思う。


社労士業務の書類関係は、電子申請を利用し、簡素化できる部分はどんどんしていくにしても、人に携わる部分の業務には、もっと、時間をかけていきたいです。


でも、まぁ、電子申請もだいぶ便利にはなりましたが、サポート体制もまだまだ不十分で、度重なるシステムの変更、何度かけても電話がつながらなかったり、書面の方が早いこともありますが、


うまく、新しいシステムも利用しながら、本来、自分が目指していた社労士になれればと考えています。


11年目もよろしくお願い致します。

« さくら国際労務管理事務所便り【1月号】 | トップページ

社会保険労務士業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1467666/74583072

この記事へのトラックバック一覧です: 開業10年:

« さくら国際労務管理事務所便り【1月号】 | トップページ

フォト

事務所・所属団体