« さくら国際労務管理事務所便り【6月号】 | トップページ | さくら国際労務管理事務所便り【8月号】 »

さくら国際労務管理事務所便り【7月号】

こんにちは。
神奈川県大和市のさくら国際労務管理事務所の代表社会保険労務士 福田敦子です。


午後から雨がやむか・・・と思っていましたが、じゃんじゃか降っていました。今日は、隣町まで、行ってきたのですが、ずぶぬれになってしまいました。


只今、年度更新まっただ中で、昨日も労基署に行ったのですが、いつも『閑散』としているのに、この時期ばかりは、人がたくさんいらっしゃいますね。


申告・納付の締め切りは、7月11日となっておりますので、どうぞ忘れずに・・・。


申告書の書き方は、慣れてしまうと、それほど難しいものではないのですが、通勤費や賞与などの漏れがあったり、年間の総額を出すのも、社会保険の算定と比較すると、ちょっと面倒ではあります。


年度更新だけのご依頼も承っておりますので、お早めにご相談ください。


さて、『さくら国際労務管理事務所便り 7月号』を発行いたしました。(※ここ3カ月ほど、繁忙期ということもあり、雑記帳の『さくら通信』は、お休みしています。)今月は、節電話や運用3号(主婦年金)のお話などを掲載しております。


この節電や計画停電の話は、お客様のところに伺った際にも、よく話題にもなるのですが、個人的に、夏の計画停電は、やめていただきたいと切に思っています。


3月中の計画停電で、売上げや給与に影響を受けた方は計画停電地域に、たくさんいらっしゃいます。計画停電中の給与は、支払わなくてもよいという通達もでてますが、一日2時間予定されるだけで、どれだけ影響がでるのかは、3月の状況をみればわかるはずです。


臨時措置というなら、まだ理解もできますが、震災から何カ月が経過しているのでしょうか。かなりの憤りを感じます。


昨日、労働基準監督署で『熱中症対策』のパンフレットをいただきました。でも、停電地域では、エアコンをつけることもできませんし、氷もとけてしまいます。


よくエアコンの温度を1度さげてなどとTVで言っているのを見かけますが、それは、とくに、停電対象外地域に対して、徹底指導をしていただきたいと思います。


今回は、病院等を対象外にするなどとしておりますが、すべての病院がかならず対象外になるのでしょうか。実際には、申告制で行うなどと、各事業所に、負担をしいているのも、あまりにも上から目線です。


節電には、ほとんどの皆さんが可能な限り協力していこうと思ってらっしゃいます。東京電力および経済産業省におかれましては、「節電」と「停電」は、またく別物であることをしっかりご理解いただきたいと思います。


それでは、よい週末をお過ごしください。

« さくら国際労務管理事務所便り【6月号】 | トップページ | さくら国際労務管理事務所便り【8月号】 »

事務所便り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1467666/40435145

この記事へのトラックバック一覧です: さくら国際労務管理事務所便り【7月号】:

« さくら国際労務管理事務所便り【6月号】 | トップページ | さくら国際労務管理事務所便り【8月号】 »

フォト

事務所・所属団体